shinyaの薬膳blog

薬膳をとうして色々な病気予防、改善して健康な体作りをする為のブログです

疲労回復には、気をチャージ!

「気」はすべての基本

最近なんだか疲れやすい、寝てもなかなか疲れがとれない。病院に行くといってもどこで診てもらえば?

こんなときこそ薬膳の出番です

疲れやすい状態は中医学の考えでは「気が不足した状態」=「気虚」と考えます。元気、やる気、気が合うなど気を使う言葉は沢山ありますが、気はすべての基本となります。

生命活動を維持するエネルギー源である気が不足すると、常に倦怠感や疲労感があり、新陳代謝も悪くなるので美容にも悪影響です。

疲労回復のためには気をしっかり補う食材を取り入れることが必要です。

 

オススメはイモ類です。

とくにナガイモはオススメです。

f:id:xshinya:20200819074354j:image

 

気を養う代表的な食材で「山薬」の名で生薬としても使われているほど滋養強壮に優れているのです。胃腸強化の漢方薬や、抗老化作用を目的とした補腎薬にもよく使用されています。
非常に養生に適していて、虚弱体質の人には常食するとよい食材です。そうでない方にも体を丈夫にするとてもよい食材です。

 

卵も弱りきった身体を助けるパワフルフード。かつての中国では「栄養の源」として王様へのおみやげとして使われていたそうです。中医学でいう五臓「肝」「心」「碑」「肺」「腎」すべての臓に入ってパワーを補います。鶏肉、イモ類、キノコ類、豆類、ブロッコリー、ウナギ、エビ、鮭、なども疲れを撃退する食材です。

 

気を補う食材

鶏肉

f:id:xshinya:20200819224840j:image

脾と胃の「気」を補います。「気」が足りないと息切れ、めまい、無力感、疲れがでたり、脾と胃の働きが弱まると、むくみ、食欲不振、下痢、不正出血、皮下出血などがでます。
「精」と「髄」を補います。「精」の不足は不妊症、性機能の低下、耳鳴り、物忘れ、また子どもの発育の遅れ、知力の低下がおこります。
胃の「気」は下へと流れますが、その気が逆行することを防ぎます。気が逆行すると、げっぷ、しゃっくり、嘔吐などの症状がでますので、それらを止めてくれます

台湾薬膳スープ「麻油鶏」を紹介します!

https://cookpad.com/recipe/3017984

 

ウナギ

f:id:xshinya:20200819225704j:image

うなぎは、栄養学的にもすばらしいものを持っていて、薬膳的にも滋養強壮のある食材。
特に体力が不足しやすい夏に食べると効果的だと言われています。
体に元気をつけてくれるだけではなく、“血を補う”作用があります。腎臓と肝臓の働きを高める力があり、眼の疲れや耳鳴りなどの症状にも効果的です。それだけでなく薬膳の世界では、うなぎは足腰を強くしたり、手足のしびれを解消する力があるとされているのです。

ウナギの「ひつまぶし風」を紹介します。食欲がないときに食べやすい一品です。

https://cookpad.com/recipe/6381213

 

エビ

f:id:xshinya:20200820045208j:image

海老には腎を丈夫にして、精力を高める効能があり、体力アップ効果があるとされています。体を温めてくれる食品なので、足腰の冷え予防にオススメです。

しかも体の免疫力を高め、ホルモンバランスを整えたり、老化を防止したりする効果も期待できます。

海老の殻にはコレステロール値や血圧を下げるというキチン質が多く含まれているので、尾っぽまで食べるといいです。抗酸化作用を持つアスタキサンチンも含まれています。

エビフライは尻尾まで食べれるのにオススメです!

https://erecipe.woman.excite.co.jp/amp/detail/5b3f09a5b608b99bf6d34cb05c95669c.html

 

f:id:xshinya:20200823073150j:image

鮭の旬は9月〜11月頃。
アスタキサンチンの色素で赤く見えますが、分類は白身魚。薬膳では胃腸の元気がない時などに使用されます。

胃腸を温めて、消化機能を増進するので、胃弱、消化不良などに有効です。水分代謝をよくするはたらきもあり、むくみの解消にも効果的です。また、気を補い、血のめぐりをよくするので、風邪をひきやすい方や冷え性の方におすすめです。

「鮭のチャンチャ焼き」を紹介します!

https://cookpad.com/recipe/2753752

 

ブロッコリー

f:id:xshinya:20200823074212j:image

ブロッコリーは平性なので、毎日食べても冷えたり火照ったりすることがありません。中医学的効能では、「五臓を養い調整し、関節を強く丈夫にして、気を巡らせ、動きを滑らかにする」とあります。また、虚弱体質を改善し、胃腸を元気にして、身体に元気を与える食材で、胃腸機能低下時やお年寄りにもおすすめの食材です。中医学でもガンを抑制する「制癌」という力を認めている食材でもあります。潤し、便通を良くする作用があるので、お腹が冷える、または下痢気味の場合は食べ過ぎないようにしましょう。

 

うずらの卵

f:id:xshinya:20200825142622j:image

うずらの卵は、鶏卵からすると小さいですが、その効能は鶏卵を上回る「ダイナマイト級」

うずらは、中国では古来より滋養強壮、若返りに高い効能があるとされています。

気を補うとともに老化に関わりの深い臓器「腎」はじめ五臓すべてを強め、滋養強壮にに効果大。筋肉、骨を強化する効能もあり、美肌にもおすすめです。

 

ナツメ

f:id:xshinya:20200825143332j:image

ナツメは、「1日3個のなつめで医者知らず」と言われています。

腸が弱って食欲がなかったり、疲れたり元気がない時におすすめです。またきれいな血を作る働きもあるため、中国では昔から女性に好まれて食べられます。気分の落ち込みや夜なかなか眠れない方にも、心を安らかにしてくれる働きがあります。作用が強い生薬と一緒に使うことで、薬力を緩和し胃腸を守る効果もあります。

そのままでは少し硬いため、ちぎってお茶にしたり、野菜やお肉と煮込んだり、柔らかく煮ておやつの代わりにも。甘みが強く少し酸味があります。

美肌効果があると言われる「薬膳なつめ茶」を紹介します。

https://cookpad.com/recipe/2955847

 

 

まとめ

気虚タイプは肺・脾・腎に加えて、心です。

呼吸と全身の気を司る肺気が虚弱になると、息切れ、ときどき咳が出る、無気力などの症状が出ます。
また、体のバリアである衛気も不足するので、汗をかきやすい、かぜをひきやすいなどの症状も現れますので、気を補い、心に負担をかけないよに食材を取り入れて毎日を過ごしましょう!