shinyaの薬膳blog

薬膳をとうして色々な病気予防、改善して健康な体作りをする為のブログです

日焼けしにくい肌を作る

食べるUVケア 暑い、暑い夏がはじまります。最近は特に日差しが強くなり、日焼けが気になる季節。 日焼けを防ぐためには、身体に体液を生み出す食材を取り入れることが大切です。事前に体内に水分をチャージしておくと、日射しという「火」を「水」が消して…

夏は「心」の弱りに注意

心臓トラブル、不眠 夏は中医学で「心」とよばれる臓器に負担がかかりやすい季節です。 心は血脈と血液循環を司る臓器。ここが弱ると動悸や息切れ、不正脈、心筋梗塞、狭心症といったような心臓トラブルを引き起こしがちになってしまいます。 もともと、この…

熱を冷まして水分補給

夏は1年でもっとも体力を消耗する過酷な季節。 汗をかくことによって、元気の源である「気」も一緒に排出されてしまうため「だるい」「やる気がでない」と言った「夏バテ」の症状を引き起こしてしまいます。 気が不足すると「血」も生み出せず、汗をかいて「…

梅雨どきは『碑』のパワーアップ

湿気払いが大切 じとじと雨が続く梅雨どき、気分も体調持たないよねいまひとつ。中医学では梅雨の湿気が身体に入り込んで、余分な水分がたまることからトラブルを引き起こすと考えられています。 とくに湿気は、消化を司る臓器『碑』を弱めます。碑のパワー…

糖質は身体に必要な栄養素

糖質とは? 糖質とは、穀類やいも類、砂糖等に多く含まれており、私たちのエネルギー源となる栄養素です。この糖質と同じ意味でよく耳にする炭水化物は、糖質と食物繊維を合わせたものを意味します。 糖質の働き 糖質は、生きてために必要なエネルギーは「糖…

玉ねぎは生活習慣病予防の特効薬

玉ねぎの味と性質 玉ねぎは薬膳の考え方では、五味は『辛い』『甘い』で帰経は『脾』『肺』『胃』『心』です 弱っている脾の働きを高め、気の巡りを改善する。 ため息、胸脇部の脹れ、おなかの張り・下痢などに 胃の働きを調和し、消化を促進する。胃脘部の…

免疫力の鍵は腸が握っている!

免疫力を高めるためには 免疫力とは、体に入ってきた遺物に抵抗する力のことです。 体内には免疫をつかさどる免疫細胞があり、ウイルスや病原菌が侵入してくると捕食したり抗体を生産したりして対抗してくれます。 免疫細胞の約7割が腸にあり、腸内環境を整…

体の体調を整えるには胃腸から‼️

〈h2〉胃腸のトラブルは万病のもと! この季節、どうも元気が出ない、調子が良くない。その不調は胃腸が原因の可能性があります。 胃腸は消化吸収し、食べ物の栄養分を体に巡らせたりするだけでなく、免疫力と深い関係があり、身体全体の調子を司る大事な器…

薬膳を知るポイント 2

五臓六腑 五臓六腑にしみいる、と聞いたりもすると思いますが、五臓六腑とは何か?てことですよね 五臓とは『肝、心、脾、肺、腎』の事で、六腑は『胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦(さんしょう)の事です。 五臓と六腑は表と裏の関係で、五臓は栄養を貯蔵し…

薬膳を知る大切なポイント1

1)陰と陽 陰と陽の考え方は中国古来の哲学で、宇宙に存在するあらゆる事象を『陰』と『陽』に当てはめ、体質も『陰』と『陽』の大きく二つに分けられる。 この図は、『太極図』で『陰陽太極図』といい宇宙、森羅万象のすべてが陰陽の対立する要素で成立す…

薬膳とは?

薬膳とは、漢方の考えを基本にして 季節や体質に合わせて食材を選んで作る料理のことをいいます! 薬膳はもともと中国に『医食同源』「食養生』と言う考え方方があり 食材にも薬と同じように体を治す効果が有ると考えられていて 今でも中国では健康維持のた…

はじめまして

Shinyaと申します! これから薬膳と言う食事で 『体調管理』『病気予防』『病気からの回復』 と元気な体で暮らしていく為の『食事』を発信します。 薬膳と聞けば難しく考えてしまいますが 毎日食べている食事を『薬膳』の考え方を取り入れて食べる事で、今ま…